mannaka みんなのまんなかに

TOPIC

mannakaの話題

ブランド・世界観を伝えるLPづくり~春日井製菓株式会社様の事例~

2020-10-04

Webマーケティング・制作の話

ブランド・世界観を伝えるLPづくり~春日井製菓株式会社様の事例~

 

商品のキャンペーン・販促にLPは欠かせません。見る人がキャンペーンに参加したくなる情報の伝え方、ターゲットユーザーに商品のイメージが伝わるLPにするにはどう進めるべきでしょうか。今回はmannakaが制作した春日井製菓株式会社様のキャンペーンLPの事例の紹介を通じて、LPの世界観づくりについてお伝えします。

1、今回担当したLP

 

「黒あめ」、「のどにスッキリ」の二つの商品のキャンペーンLP制作を行いました。どちらも一度は食べたことがある、とても身近な商品ですね!

のどにスッキリ「お部屋でもおふろでもスッキリ!キャンペーン」

 

春日井の黒あめ「第1回 黒あめバトンキャンペーン 深くて優しいエピソード大募集」

 

2、世界観づくりのポイント

 

①ブランドストーリー

「黒あめ」のキャンペーンの目的は、従来おばあちゃんが食べているイメージが強い黒あめを、30代やその子ども世代にユーザーを拡げることでした。おばあちゃんやおじいちゃんに黒あめをもらってほっとした、そんな「やさしいエピソード」を投稿してもらい、選ばれたエピソードを絵本作品にするという内容のキャンペーン企画です。

そのねらいをユーザーに一目で理解してもらえるように、言語化し、ブランドストーリーに整理しました。

 

②ブランドカラーの設定

「のどにスッキリ」はさわやかな印象、「黒あめ」はほっこりとやさしい印象と、商品から想起されるイメージカラーが異なっています。全体の色味は、そのページのブランドイメージを左右します。キャンペーンLP制作前は、コーポレートサイトに同じデザインで商品の紹介がされていて、ウェブページ上では明確に色のイメージを与えられていませんでした。

そこで改めて商品のイメージに近い色を選択しました。色味はベースカラー、アクセントカラーを選び、方向性の認識合わせを行いました。フォントもブランドイメージを左右するため、キャンペーンの要素である絵本のようなやわらかみがありつつ、読みやすさも意識してフォントを選択しました。

 

 

③ブランドページの制作

従来もコーポレートサイト上に商品・ブランドごとの説明ページはありましたが、テキスト中心の説明になっていました。そこで、各LPにブランドページを制作し、制作過程の写真など画像を多用することでイメージをより伝わりやすくするように制作しました。

コーポレートサイトのブランドページ

 

リニューアルしたブランドページ

 

論理的なマーケティングアプローチだけでなく、デザインにおける抽象的な世界観づくりも販促の効果をのばすためには重要な観点です。コンテンツや全体の印象、情報の伝え方を工夫することで、ユーザーに対し抱いてほしい印象をLPで表現することができます。

「世界観」を重視したLPづくりをしたいとき、ぜひ参考にしてみてください。

 

▷▷mannakaの事業についてはこちら

 

 

オウンドメディア
活用資料DL