mannaka みんなのまんなかに

TOPIC

mannakaの話題

mannakaってどんな会社? ドットライフ代表・新條氏にインタビュー【前編】

2019-06-05

メンバーの話

mannakaってどんな会社? ドットライフ代表・新條氏にインタビュー【前編】

mannakaのことをもっと多くの人に知ってほしい!という思いからスタートしたTOPIC。

これまで、社内から見たmannakaや、皆様に知ってほしいところを中心に記事を書いてまいりました。

しかし、何だかこれはあくまで内側から見たmannakaな気がする。 外から見たら、どんな会社なんだろう?代表の柴田はどう見えてる? もっと客観的で中立な目線で、それを紹介する切り口はないものか――

そんな中思いついたのが、mannakaと柴田に関わってくれている人に「mannakaってどんな会社?代表の柴田ってどんな人?」をインタビューすること。

今回は、mannakaの創業当時から柴田と親しくしてくださっている、 株式会社ドットライフの代表取締役CEO 新條 隼人さんにインタビューをさせていただきました。

ドットライフ代表 新條さん

新條 隼人さん(株式会社ドットライフ 代表取締役) 一橋大学商学部卒業後、株式会社ネットプロテクションズ入社。後払い決済事業の営業グループリーダー、新卒採用担当等を経てドットライフを立ち上げ。1000人以上の人生ストーリーを配信し、オンライン・オフラインで交流ができる「人生経験のシェアリング」サービス、another life.(https://an-life.jp/)を運営。

新條さんと柴田の出会い

「例えば、シーラカンス研究の第一人者、とかいるじゃないですか?僕、柴田さんのことについては第一人者と言ってもいいくらい観察して、理解してると思いますよ」

と、冒頭から自信満々に微笑んでくれた新條さん。まずは二人の出会いについて聞いてみました。


--お二人の出会いのきっかけは何だったんですか?

ドットライフが運営しているメディア、another Life.(アナザーライフ)の取材がきっかけだったかな。ドットライフもmannakaも、割と立ち上げてすぐの頃で、会社のフェーズがとても近く、話が合いました。

--第一印象はどうでしたか?

正直、何言ってるかわかんなかった(笑)

でもきっと、この人言いたいことが10個くらいあるうち、3個くらいしか言えてないんだろうなというのはわかりました。

あとは、目指すところというか対社会・対人へのスタンスや、解決したい課題みたいなところも近そうだと感じました。どちらも解決の手段として自社メディアは持っているけど、アプローチの仕方が違ったので、協業できそうかなと。

打ち合わせする新條さんと柴田さん

(出会いから5年近く経過した今では、月に1回程度、相互に情報交換をする関係に)

新條さんの思う柴田の強み

--なるほど、互いのメディアの性質が違うからこそ、クライアントを紹介し合ったり、協業するような関係になったんですね。

そうですね。あとは、一緒に仕事をしていて何となく心地よいというのも大きいですね。

柴田さんにクライアントを紹介する時は、まずは人として合いそうかは意識します。

--そこまで考えて頂いているんですね・・・。新條さんから見た、柴田の強みって何でしょうか?

一言で言うと、人の暮らしというか、生活者への理解の深さ。あとその一見成熟した領域にバカ新しい理論を持ち込んでいくところかな。衣食住、ライフスタイル領域には特に強い。

その旧体制を否定はしないけど、無理のない未来の姿を提案してくれる感じ。だから、クライアントやその先の生活者からの共感を得やすいのかなと思っています。



--確かに、それは社内で見ていてもしっくりくるかも。

一見同居しない「生活」と「ビジネス」という二つのカルチャーを持つ人ですよね。1日に3時間しか寝ないで家のことも仕事のこともフルでやる柴田さんにしか見えない景色なのかも。元料理人だったことももちろんだけど。

ドットライフとmannaka セミナーの光景

(定期的にドットライフとmannaka主催のセミナーも実施しています。新條さんの”柴田使い”は神業)

--さすが柴田研究の第一人者、新條さん・・・。今でも新しい発見などはありますか?

ありますね。というよりも、1ヶ月前と今では言っていることが全然違う(笑)

柴田さんは人に会う量が半端ないから、1ヶ月間で蓄積する情報量もすごい。だから、月1度くらいで会うと、面白い話が聞けるんですよね。

この人の目から見たら、この現象・事案はどう映るんだろう?を聞いてみたくなる。海外の友達、みたいな感じです。(笑)

カフェで打ち合わせする新條さんと柴田

「柴田さんを最大限活かすポイントは、放牧してノンストレスにしてあげつつ、放牧が意味を持つようコントロールすること」という貴重なアドバイスもくださった新條さん。

前編では「新條さんから見たmannaka代表・柴田」を中心に語っていただきました。後編では、mannakaの会社としての強みについてもお話いただいています。

ぜひお読み下さい。

▷株式会社ドットライフ( http://dotlife.co.jp/

人生経験のシェアリングを通して、企業のブランディングや採用・個人のキャリアを支援しています。( https://an-life.jp/

法人向けサービスとして企業やプロジェクトメンバーのストーリーや価値観にフォーカスし、深い共感を呼ぶインタビュー記事にまとめ、another life.上に掲載。これまでとは異なる切り口でブランディングをサポートしています。

▷「mannakaと話してみたいなぁ」と思っていただけた方はこちらから。まずは30分程度のオンラインMTGでも!

https://mannaka-mk.jp/contact/strategy/