mannaka みんなのまんなかに

TOPIC

mannakaの話題

複業研究家・西村創一朗氏がmannakaの執行役員(CHRO)になった理由

2019-06-20

メンバーの話

複業研究家・西村創一朗氏がmannakaの執行役員(CHRO)になった理由

2019年6月12日、株式会社mannakaにHRとPR領域のスペシャリスト2名が執行役員として加わりました。

2015年の創業以来、クライアント企業の経営課題を根本から解決することを目指して戦略策定からWebサイト/オウンドメディア/システムなどの製作・開発、コンテンツの製作、広告戦略の策定から運用・改善まで、のべ100社以上を伴走型で支援してきたmannaka。

その過程で、多くの企業は「ブランディング・広報戦略(PR)」と「採用・人材育成(HR)」のいずれか、または両方に根本的な課題を抱えているということに気がつきました。

HR・PRの領域の知見を外部から取り入れ、お客様の課題をより根本から解決したい。

そんな思いから、今回の役員2名にオファーしました。

今回は、HR領域のスペシャリストとして執行役員/CHROに就任した複業研究家・西村創一朗氏に、mannakaにジョインしてくださった理由をインタビューしました。

【関連ページ:執行役員就任のお知らせ

西村創一朗氏 プロフィール写真

【経歴】

2011年に新卒でリクルートキャリアに入社後、法人営業・新規事業開発・人事採用を歴任。

本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、2017年1月に独立。

独立後はHRテクノロジー・HRマーケティングの専門家として、企業人事やHRテクノロジーツールを提供している大手企業やスタートアップを対象にコンサルティングを行う。

講演・セミナーなど多数行い2017年9月〜2018年3月「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経済産業省)委員を務めた。2019年5月から株式会社mannakaのHR領域で執行役員として参画。

「家族も仕事も大好き」 同じ価値観を持つ経営者

――執行役員をお引き受けいただきありがとうございます!mannakaとの出会いは?

代表の柴田さんと、共通の知り合いからの紹介で知り合ったんです。

その方からも「きっと話が合う」と言われて会ったんですが、案の定すごく盛り上がって(笑)

特に共感したのは、お互いの「仕事は大好きなんだけど、家族との時間も大切にしたい」という気持ちと、これからのHR、働き方についての考え方でしたね。

HRにマーケティングの概念を

――今回、CHROとして携わっていただきますが、mannakaと一緒にどんなことを実現したいですか?

HRの領域にマーケティングの概念をインストールしたいと思っています。

求職者や社員をユーザー=顧客と捉えて、顧客体験の最大化をすることが必要。

いかにLTV(*1)を高めるか、eNPS(*2)を高めてリファラル採用を促進するか―――

採用手法が多様化している中、「HR×マーケティング」の視点を持って企業のHR課題に取り組む。そんな事例をmannakaと一緒に作っていきたいです。

*1 Life Time Value(顧客生涯価値)

*2 Employee Net Promoter Score(従業員エンゲージメント)

mannakaの働き方もロールモデルに、実現可能な戦略を

――mannakaに期待している役割は?

HRマーケティングの視点を持っていることと、開発力、特にオウンドメディアの開発実績でしょうか。今後はHRにおいても、企業が自社の発信力を高めることが重要になってくると思うので。

また、mannaka自体が新しい働き方をしている点も、強みだと思っています。

mannakaの働き方を一つのロールモデルとして、mannaka自体の働き方も発信しつつ、顧客企業に合わせたマーケティング目線でのHR戦略策定をし、場合によっては戦略に沿ったWebサイトやオウンドメディアの開発をする。それらが一気通貫でできるところは面白いですよね。

mannaka代表の柴田と西村氏

▷ mannakaのHRマーケティング支援はこちら

https://mannaka-mk.jp/contact/hr/