mannaka みんなのまんなかに

TOPIC

mannakaの話題

「STP分析」を、猫に置き換えると?

2019-05-20

Webマーケティング・制作の話

「STP分析」を、猫に置き換えると?

「マーケティング用語って、カタカナだったり英語の略だったり、なんか小難しくて 苦手」と思っていませんか?

別業界から転職して5ヶ月、まだまだ勉強中の私も 何とかマーケティング用語を楽しく覚えられないものかを日々模索中です。

そんな中、ふと浮かんだのが興味があること・好きなことに置き換えて、楽しくイメージしてみる方法。

本日はマーケティングの基礎フレームワークの一つ、 STP分析を私の愛する猫に置き換えた個人ノートを公開します。

愛猫 ごんざぶろう

(愛猫のごんざぶろう♂3歳の監視下で書いています)

「STP分析」とは?

  • S egmentation(市場細分化)
  • T argeting(対象とする層の絞り込み)
  • P ositioning (市場における位置決め)

「近代マーケティングの父」と呼ばれる経済学者フィリップ・コトラーが提唱した フレームワークの一つ。ご存知の方も多いかと思います。

自分たちの持つ製品やサービス、または会社そのものを市場のどこに位置付けて、どんな戦略をとっていこう?と悩んだ時に原点に立ち返る意味で取り入れると良いとされています 。

そんなSTP分析を猫に置き換えてみたものがこちら。

STP分析とは

セグメンテーション。顧客層ごとに市場を細分化することを指します。

猫でいうと

  • ・猫種
  • ・毛色
  • ・年齢
  • ・家族構成
  • ・性別

共通項としては「どの猫もかわいい」ということでしょうか。

続いてターゲティング

トラ柄の猫をターゲットに

(本当は「 全員可愛いから絞れません。」と言いたいところ)

ターゲティングにも種類があります。

  • ・無差別型 → 全猫をターゲットにした製品・サービス
  • ・差別型 → 猫ごとのライフスタイルを考慮し、ニーズに合わせた製品・サービス
  • ・集中型 → 一部の猫だけをターゲットとした製品・サービス

自社のリソースや強みから考え、ターゲットを絞ってみるのも良さそうですね。ここでは仮にターゲットをトラ柄の猫とします。

トラ柄の猫に向けた商品

トラ柄の猫をターゲットに、独自性のある製品を。

下の図のように、ポジショニングマップを作成し、市場の位置付けにおいてどこを取りに行くかから考えてみると、よりアイデア出しがしやすいかもしれません。

ポジショニングマップ

フレームワークを楽しく活用

いろいろ雑だな!とお叱りを受けそうですが

フレームワークは使ってみないとなかなか身につきません。自分にはまだ早いかな・・と思っても大丈夫。自分の好きなものに置き換えて、楽しくフレームワークを使ってみませんか?

ノートに乗る猫

(ノートを広げると必ず乗ってきます)


今回は超初級編でしたが、株式会社mannakaでは、ステップを踏みマーケティング知識を蓄えていただくセミナー講師もお引き受けしております!

オーダーメイドの育成プログラムで、貴社内にマーケッターを増やしませんか?

▷外部CMOサービスはこちら

https://mannaka-mk.jp/business/outside/