mannaka みんなのまんなかに

TOPIC

mannakaの話題

1年間伴走したらWEB集客3倍になって「また1年お願いします」と言われた話

2020-09-12

Webマーケティング・制作の話

1年間伴走したらWEB集客3倍になって「また1年お願いします」と言われた話

 

美容サロンや個人院など、店舗を持つ事業を運営される方はみなさん集客に苦心されていると思います。見込みのユーザーに知ってもらうためにウェブ集客は必須ですが、ウェブ集客は一朝一夕でうまくいくものではありません。地道な発信の継続と、改善の繰り返しがあってはじめて成果がみられます。

今回はmannakaが長期にわたってお客様と二人三脚でマーケティングに取り組み、予算に大きな負担なくウェブ集客の成果が3倍なったお客様の事例を紹介します。

 

やったこと

 

①リスティング広告の改善

mannakaが支援する以前からウェブサイトのリスティング広告は行われていましたが、あまり成果があがっていませんでした。

実際に来店されるお客様が、何を見て来店される傾向にあるかを確認したところ、お店の実績を見て来られることが多いことが分かりました。そこで、テキストの文言をより実績が伝わるような内容に変更したところ、徐々に改善が見られるようになりました。

 

②LP制作

それまでウェブサイトしかなかったところを、情報を絞ったLPを制作することにしました。ウェブサイトには、お店が提供する様々なサービスについての情報・訴求があるため、広告をかけてもキーワードに最適化されにくい状態にありました。

そこで訴求ポイントを絞ったLPを2パターン作成し、それぞれにリスティング広告をかけるようにしたところ、キーワードが最適化され配信量やクリック数が純増しました。LPにウェブサイトへの流入経路もつくっていたため、同時にウェブサイトの流入数も純増しました。

 

③SEO対策

毎月ウェブサイトの流入を計測し、ウェブサイトを訪れた人がどんなキーワードで検索したのか、ウォッチし続けました。また、ウェブサイト上のブログ更新をお客様が地道に更新してくださっていたので、よくリーチしている記事は都度リライトをし来店につながる導線を改善しました。具体的には、コラムが長文にわたる場合は少し読みやすい長さにしたり、間に関連記事を入れ回遊を促したり、コンバージョンポイントをつくったりということを行いました。

基本的なことですが、一つ一つ対策することで取りこぼしを減らすことができます。

 

④SNS投稿

SNSもウェブサイトへの重要な流入源の一つです。SNS投稿についても、お客様の担当者の方が頻度高く更新し続けてくださっていました。

投稿内容についても、写真や全体の統一感、どんな情報を載せるか、チームで認識合わせをして進めた結果、徐々にフォロワーが増え、認知の底上げにつながったと言えます。

Facebookページの更新をおこなっていますが、Facebookにて来店促進キャンペーンも行い、その投稿をmannakaメンバーとお客様全員で地道にシェアしたりもしました。

 

結果

 

セッション数、コンバージョン数ともに、純増・1年前と比べると大きく成果を伸ばすことができました。

 

 

集客の目的は、売上を上げること。その一つの目的をお客様と共有し、二人三脚となって、いろんな角度からできることを考え、実践し続けたことが成果につながったのではと思います。

広告配信だけでは、一次的な流入増加ができても、集客の底上げにはなりません。日々ブログ・SNSの地道な更新を行っていただき、オーガニックの流入を増やしていけたことも大きく成果に貢献しました。

1年間の伴走が終わり、ありがたいことに、「また1年お願いします。」とご依頼いただけることになりました。次の1年後には、さらなる成果でお応えできるよう、サポートしてまいります。

 

▷▷mannakaの事業についてはこちら

 

 

オウンドメディア
活用資料DL