mannaka みんなのまんなかに

TOPIC

mannakaの話題

週1回2時間のみ!フルリモートのmannaka流・会議の進め方

2019-04-24

働き方の話

週1回2時間のみ!フルリモートのmannaka流・会議の進め方

皆さんの会社では、メンバー同士で状況を報告する機会は

週にどのくらいありますか?

「毎日朝礼で今日の予定を報告する」「毎日、日報を書いている」

または、そういった仕組み化はされていなくとも

オフィスで一緒に仕事をしていれば、日中に相談したり

互いの様子も見えたりしますよね。

オフィスレスで社員全員がフルリモートのmannakaでは

お互いの状況や各案件について知るチャンスは週に1回・2時間だけ

本日はそんなmannaka会議の様子をお伝え致します。


開催場所は毎回バラバラ

mannakaには固定のオフィスがありません。

定例は基本的に金曜日のランチタイム、お昼ご飯を食べながら進めます。

「毎回同じ場所じゃ飽きる!おしゃれな場所じゃないといやだ!」という代表の意見もくみつつ、ランチ予約できるお店を日々探しています。

mannaka定例の場所 渋谷のカフェ

渋谷 カフェ 料理の写真

(渋谷で開催することが多いです)

定例会議で利用したキッチン

(自社製品の米粉パンも開発中なので、キッチン付きのレンタルスペースで会議することも)

限られた時間でスピーディに

会議の時間配分はざっくりこんな感じ。

  • 進行中案件の確認(60分)
  • 新規案件の報告・相談(40分)
  • 個別に相談したい案件について(20分)

現在、ありがたいことに進行中の案件だけでも約20件。

会議の時間は2時間なので

1件あたり3分のスピード感で進めていっても半分の60分が過ぎてしまいます。

そして新規でお声がけいただいている企業、

こんな案件があるんだけど、どういう体制で進めようか?などのリソース確認が40分程度。

最後にプロジェクトチームごとに個別に相談したい案件の話を

ワイワイガヤガヤしてMTGが終わる—というのがいつもの流れです。

mannaka 会議の様子

mannaka流の会議で身につくこと

週に1回、2時間という限られたメンバーと話せる時間は貴重なもの。

いかに有意義に進めるかを突き詰めていくと、自然と身についていくスキルがあります。

それは端的に、漏れなく話すこと。

普通の会社でしたら、隣のデスクの人が今どんな案件を担当していて

忙しそうか、順調そうか、クライアント先とはどんなコミュニケーションをとっているか

何となくわかる部分があると思います。

しかし、全員リモートの私たちの場合

自分の担当外の案件について知るチャンスはこの会議の場だけ。

「何の会社で、どういう目的の案件で、今どんな状況か」

端的に、漏れなく伝えるスキルは自然と磨かれていくなと感じます。

そしてもう一つ習慣になるのは作業の期限を決めること

同じく隣り合って仕事をしないため

緊急度の高さ、重要度の高さは言葉にして伝えていく方が親切。

もちろん相手の作業状況は気にしますが

「その作業いつまで?」「●日までにお願いします!」が自然と飛び交います。

○    ○   ○    ○    ○    ○    ○

以上、mannaka会議の様子でした。

仕事の話だけしてササッと帰るように見えるかもしれませんが

子持ちのメンバーがほとんどなので、子どもも参加する時があったり

子育ての相談をしたり、料理や家のことを話したりする和やかな時間も。

たまにしか会えない分

相手を思いやる気持ちが強くなるのかなーとリモートワークになって感じています。

▷mannakaの「働き方」についてもっと知りたい方はこちら

https://mannaka-mk.jp/business/hr/

mannaka お土産

会議では全国を飛び回る代表からお土産が配布されることも。

いつもありがとうございます!