CASE STUDY

ocomejirusiさま食品製造・販売(米粉パンブランド)

「小麦アレルギーの子どもでも食べられるパンがあったらいいのにね」
小さなお子さんを持つ社員たちのそんな言葉がきっかけとなり、米粉パンプロジェクトはスタートしました。

製造、倉庫、物流、販売チャネル、資金調達などさまざまな課題と向き合いながら、
プロジェクトを進めています。

Project Concept

毎日の食卓に、みんなで一緒に。

Brand Story

「みんなが食べられる」をあたりまえに。
そんな使命を掲げ、私たちの米粉パンづくりがはじまりました。

きっかけは、小麦アレルギーのある小さな子どもの疑問。
「私はどうして、みんなと同じパンが食べられないの?」
同じパンを食べて、美味しいねって言いたいだけなのに。

「それならば、少しだけ。」も許してあげられない。
少量でも小麦を口にしてしまうと、
命にかかわる危険につながるかもしれないから。

食べさせてあげたいけど、命も守ってあげたい。
そんな想いを叶えるために、米粉100%のパン「ocomejirusi」が生まれました。

身体に良いナチュラルな材料を厳選し、
余計なものを極力使わない。
シンプルだからこそ、味わえるお米の甘みや旨味。

赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんまで。
アレルギーがあるひとも、ないひとも。

みんなで一緒に、同じ食事をする。

そんな当たり前の食卓風景が、自然と広がるように。

いつでも、どこからでも。
安心した米粉パンを届けられる環境を、私たちは提供し続けます。

Our Solution

いつでも、どこでも、誰でも。
米粉パンを購入できるプラットフォームをつくる。

Project Plan

BRANDING

・商品構想のヒアリング
・ブランドコンセプトの設計

MARKETING

・市場調査、分析
・販売戦略の立案

CREATIVE

・ロゴ制作
・Webサイト制作

BRANDING

・SNS運用
・PR施策の実施
・クラウドファンディングの実施
・マルシェへの出店

*ブランドストーリーの設計

プロジェクトがはじまった経緯、商品への想いをヒアリングしました。こだわりを詰め込んだ、どこに出しても恥ずかしくない自信作のocomejirusi。
その想いのパーツを紡いで、ストーリーを描きました。

*販売戦略立案

毎日のように口にする商品になって欲しいというコンセプトもあり、対象となる消費者を広くとらえ、マクロの視点で分析ができる「PEST分析」で環境分析を実施しました。
そこから見えてきた課題に対しての解決方法を立案。

*クリエティブ制作

ocomejirusiを届けたい人に伝えるためのクリエティブを制作しました。

*戦略の運用

「誰もが手にとって食べられる」ことを軸にプロモーション施策を立案、実施しました。

・SNS運用

・PANBASSADOR(パンバサダー)制度
米粉パンのアンバサダーとして、米粉パンの美味しさや楽しみ方をブログやSNSで発信してもらうことで、経済的な還元を受けられる仕組み

・クラウドファンディング
資金調達と、ファンの獲得を目的にクラウドファンディングプロジェクトを実施。結果は目標の142%達成し、128名のサポーターの皆様に米粉パンをお届けすることに成功しました。

・マルシェへの出店

ここに記載のある施策は、実施済みのものです。
まだまだブランドの成長に向け、様々な施策を企画しています。

Information

ocomejirusi公式サイトhttps://ocomejirusi.com/

Instagram@ocomejirusi